三原 けい子

 

大震災を経験し、当たり前の生活道路での津波被害。そこの場所にいなくて良かった・・数か月間はそんな自分勝手な思考でしかありませんでしたが、日を追う事に余りにも多くの身近な人々の死を知り、そして気仙沼で被災した友達の見舞いに行った帰り道の事。混雑する高速道路で最悪の居眠り運転・・・1週間もの間ずっと本当は元気な自分自身であるのに生死が理解できず自分は逝ってしまっている妄想の世界におりました。ある人によって現実に戻された時から自分が生き残った意味、震災で亡くなった方達の為にも生きなきゃいけない意味を次第に考えるようになり、とにかく元気のない東北の誰かを元気にしよう元気にしたいと考えるようになりました。しかし今更政治家にもなれないし、医者にもなれないし・・しかし食でだったら何かできるのではないかと言う考えに至り、たまたまその時既に出会っていた酵素や玄米採食を伝える事で身体の中から元気になってもらおうと2012年の7月から小規模ながら食のイベントを開催する事で少しづつ皆様にお伝えできてきていると思える昨今でございます。

この度の毛利さん主宰である全国震災復興10,000人お味噌作りプロジェクトを知り、毛利さんをを応援したい気持ちと仙台に居ながら協力しない訳にはいかぬぞ!!と言う思いから参加させて頂く次第でございます。

「健康」「元気」な仙台・東北そして日本を目指して日々活動しております。行動がのろい私ですが宜しくご指導下さいませ。

 


・野菜ソムリエ認定料理教室

・ジュニア野菜ソムリエ

・ナチュラルフードコーディネーター

・日本野菜ソムリエ認定アスリートマイスター

・マクロビオティックセラピスト

・ファスティングマイスター

・1週1菜推進プロジェクトチーム