福岡、矢野俊徳師匠、熱い東京講演4回目です。

全国一斉 簡単味噌作りイベント 2017

内海 聡医師による講演会と味噌作り参加

知恵活小町塾 いよいよ開催

毎月、そして会社帰りに。新みそづくり、新発酵食習慣。日本人の古き良き習慣を都会で。

鹿児島大学 ルネッサンスアカデミー 焼酎マイスター頂きました。

鮫島教授、高峯教授、5期生の皆様には大変お世話になりました。

国酒、焼酎の普及もお役目です。

主権者教育に食育を

松田学先生と大久保俊輝先生にお力添えを頂き推進して参ります。

知恵活小町塾 三杉里とちゃんこ鍋と本格焼酎の夕べ

毛利涼子は 国酒 本格焼酎 焼酎マイスター 鹿児島大学、鹿児島酒造組合連携の検定認定を頂きました。

3017.3.26


伝統美養塾 美養学育成コース指導者養成講座は大反響

鮎田奈央海プロジェクト研究員 基礎講座3回修了

プロであっても発信できない、お伝え出来ない。そんな悩みを持っていらっしゃるプロフェッショナルの方にぜひ御受講頂きたい講座です。

 

 

基礎講座は別途開講します。


伝統美養塾 食養学育成コース指導者養成講座

大江戸シリーズ、いよいよ3回目。

12月10日は日本橋、茅場町駅から徒歩ですぐの路面会場にて、とっても楽しいイベント開催です。

いくつものニュースリリースもされておりますが、何しろオフィス街。当日はなかなか人通りがないと予測されます。ぜひお声掛けしたいただき、お一人でも多くの皆様にお越しいただきたく思います。

被災地復興支援、もうすっかり忘れ去られてしまいそうな、でも、その影で心配されるところも。

 

まだまだ復興まではとんでもない、ましてや負の遺産がのこされている真実の東北。

 

日本の復興は、もうどこかに頼っていれば大丈夫というわけにはいきませんね。自分の大切な人たちがどこで出会い、どうつながっていくか。

民族として繋がり続けていくことの意味を、そろそろ意識して新たな歴史を作り上げていかなければなりません。


当日はパステルシャインアートの江村信一先生の無料ワークショップと被災地にクリスマスカードを届けよう!イベントと簡単味噌作り10,000人プロジェクトが協力体制で盛り上げます。

ふるってご参加くださいね。ご参加の皆さんへのお土産も日本ならではの素敵なアイテム。癒しの会場でうっとり、ワクワクともにお楽しみください。

 

あの奇跡起こす、とんでもない愛と命の伝道男子。矢野俊徳さんも福岡から駆けつけます。

梛木春光先生の東京講演滞在記録

江村信一先生も虜にしちゃいました。キレイな日本人プロジェクト。江村先生はとってもキラキラな素敵なアーティスト。Do misoちゃんとMiso raちゃんのパパです。

12月10日、ドミソちやん、ミソラちゃんの、キャラクターデビュー。

サンリオのキャラクターデザイナーとしてもご活躍なさっていらした江村信一先生に多大なご協力していただいております。

 

今後このキャラクターが世界へ呼び立つ日が来ると確信しております。

日本の食卓や土や畑や、あらゆる人の輪ができる場所に登場して、幸せの種を蒔き続ける社会貢献キャラクター。

 

Do misoちゃんとMiso raちゃん。

 

12月10日、公式デビュー。

去年の我が家のおせち。
一の重、二の重、三の重、頑張ってはみたものの、それが果たして真の意味をなしているのかはわかりません。

もちろんそれでも構いはしないかもしれません。

日本の伝統文化、そこには日本ならではの意味や習わしがあります。

その根底には感謝や労いの心が添えられています。

フランス風、イタリア風のおせちももちろん楽しむにはいいけれど、本来の日本のおせちを知ることもそろそろ必要な時代になりましたね。おばあちゃん、母から語り継がれることが難しくなった日本社会。気がついたら、知っている人がいなくなっていたという日はそう遠くはないでしょう。

キレイな日本人プロジェクトはそんな日本の知恵と力を生活の中で継承するリーダーを育成、永続していく組織です。

この活動を通して、日本の精神文化を絶やさない。

季節、風土、歴史、節句などのコンテンツをまとめ上げる伝統美養塾が4月に開講いたします。

キレイな日本人 無料メルマガ配信スタートしています。

季節のお便りは池田泰子さん、健康情報は関さゆみさん。日本の知恵と力と伝統をつなぎ続けていただきます。

キレイな日本人プロジェクトを応援いただいております登録者の皆様、そして会員の皆様へ。

プロジェクト発起人毛利涼子でございます。

これまで多大なる応援にまずは感謝申し上げます。

本プロジェクト開始からおよそ2年半。

実際に個人での活動からは10年が過ぎ、

個人といたしましてはずいぶんと時間が過ぎたように思います。

全国の食に関わる皆様とお会いするために、まさに奔走の2年半でした。

生産者の皆様、自治体やショップ、レストラン、学校、子ども会、

企業の皆さんとの出会いが大きな広がりを作ってくださいました。

おかげさまで「キレイな日本人」というフレーズも、簡単味噌作りのイベントも、

認知されるようになってまいりました。

高度成長の日本を通り過ぎてみれば、

そこにはかつての日本にはありえなかった生活習慣病や原因不明の病状が溢れています。

立派な病院、病床数のこんない多い国は他にはないようです。

子供を育てる母にとって、その健康を願うことは当たり前ですね。

しかし、現在の食事情はいかがでしょう。

私たちの国日本の未来は、食に左右されることは間違いありません。

何を考えるに当たっても、必ず食に行き着きます。

2年前に準備されていた、この無料メールマガジンも登録者の数もほんのわずかで意味をなしませんでした。

おかげさまで今は多くの皆さんにご登録をいただいております。

キレイな日本人プロジェクトリーダーの日本の知恵と力を今こそ配信してまいります。

日本の気候風土が育んだ知恵や利用の素晴らしさ、

その発信、継続の分野を私たちが受け持ちたいと思います。

そのあとはバトンリレーです。

教育、永続が大切になります。

さあ、初回は池田泰子全国リーダーの季節のお便りから配信です。

伝統美養塾の常養学、食養学、美養学のインストラクターでもあります。

心と体があっての暮らし。

皆様と共有できる情報を、今後多く配信できると思っております。

ショップ、レストラン、生産者の皆様の情報ももちろん。

全国の思いが手を取り合うことで、何が実現するのか。

または実現させるために何ができるのか。

食で私たちの暮らす日本の未来を変えましょう。


心と体と暮らしの自立が実現する日本になるために。

ご賛同していただける皆様と歩んでまいりたいと存じます。

よろしくお願い申し上げます。

キレイな日本人プロジェクト代表 毛利涼子

2016年 キレイな日本人プロジェクトカンファレンス

全国からリーダーも駆けつけて、内海聡先生の講演もとってもわかりやすく、ありがたかった。ともに手を取る人々がここから何をしていくか。それは、本気のやる気と心意気。


全国からリーダーも駆けつけて、内海聡先生の講演もとってもわかりやすく、ありがたかった。

ともに手を取る人々がここから何をしていくか。
それは、本気のやる気と心意気。

お揃いのエプロンは鹿児島リーダーの毛利滋子さんの徹夜のお仕立て品。

思いがどんどん繋がると、いろんなことが実現しますね。

今後の伝統美養塾開講がますます楽しみになりました。

 

賛助会員企業様、協賛企業様のご好意でとても素晴らしいお土産もありがたかったです。


全国一斉簡単味噌作り スカイプで全国をつなぎました。

次回は世界で1000人一斉 できるといいと思います。

キレイな日本人プロジェクト〜その思い


 

自然界の壮大な命のつながりを、知識では知ってはいるものの、その調和などすっかり忘れて生活し、何か違う日常の問題にとらわれてはいないだろうか。

10年近く続けてきた食育活動を活かして、東北の被災地復興支援として、私に何か出来る事はないだろうか。

権威や資格の集まりでない、心意気のある、本当の知識ある支援実行部隊を集めたい。
過去を慰めるのではなく、未来を支える援助がしたい。
子供達の輝く未来を約束する為に出来る事。
私達、日本人の体質は何処で作られたのか。
生命として生きて行く為に、一番大切な事で出来る事は何なのか。

日本の発酵食は、日本の気候風土から生まれた傑作。

日本人には、日本人の栄養学がある。

現代医療のほとんどは、西洋医学であることを忘てはならない。(決して、否定するものではありません)

 

生命は、「死ぬまで生きる」。
そう、プログラムされている。
だから、自殺はあり得ない。

味噌は、人間の体内システムを上手く調和させ、食習慣の問題を解決する、 薬で言えば、まさに上薬。
全ての食品の栄養価を発揮させる事も出来ると言われています。

しかし、現代人は速効でなければ、納得しない。
生活習慣の中で起こった体の不調は、生活習慣で解決出来る。

日本人は米が主食であるという事。
欧米のパンは副食。
それすら、日本の食生活の場面では認識されない。

日本は原爆の被害国でありながら、その目覚ましい復興の歴史を作り上げてきた。
ところが、高度成長時代を過ぎてみれば、自殺者は増加。
うつや引きこもりの子供や成人が溢れ、寝たきりの人口はうなぎ上りに増え続け、多くの病院施設がある中で、ベッド数が足りないという現実。

生活習慣病という、単なる生活習慣の間違いが病と呼ばれ、人は自分の体調や考え方すら自分でコントロールする事が出来なくなってきている。

生活習慣は、家族のあり方です。
その、ごくごく基本は食生活です。
かつての家庭の食事は、家族が作る、家族のための食事だったはずです。

 

大切な人に元気でいてほしい。
「おいしい」と言ってもらう事も大事だけれど、元気に生きてほしい。

本当に大事な命を繋ぐ食べ物を、大人も子供も、ありがたく囲んでいたはずです。

人は、何のために生きるのですか?
自分のやりたい事をするために生きるのですか?
いつも誰かのために、その笑顔が見たいから。
喜んでくれる相手がいるから、頑張れるのだと思うのです。

本当の食卓力。
それはきっと、かつて私達がほんの少しの時代経験したことのある、あのサザエさんの食卓。

コンビニ弁当やスーパーの惣菜が並ぶのではなく、ご飯の炊ける匂いや、まな板の音でお腹がグーっと空いてくる。
お手伝いは当たり前の家族の食卓。

キレイな日本人プロジェクトリーダーがお伝えしたい、

「本当の食卓力」

日本の未来のために、
被災地の0からの復興で、土も農業も変えられるかもしれない。

これを、未来への希望に変換しなければ・・・・

 

そして、この活動に踏み切った。

現在、放射能汚染を非常に心配されている日本国土。
日本だけに留まらない状況下で、人として、自然界に対し、どうあるべきなのか。
ご想像いただけるかと思います。

私達約30名のプロジェクトリーダー達がお伝えしているお味噌づくり。

ここに、日本、地球の未来を見据えた、
本当の生命エネルギーとなる、食の力を練り込んでいただきたい。

そして、きっと、みそ汁が人類を救う。

そんな話題が広がる。
私達の活動目的はここです。

よく間違われるのですが、単なる、味噌づくり推進団体ではありません

2 コメント

Yohoo公式映像、それもトピックス♪

約1年で1000人到達。

明日29日、東京銀座にて新規参画リーダーさんの初味噌造りで1000人目となります。


来年は全国にリーダーさんの数も増えて、勢いついて何処までいくか、楽しみです。

 

日本の未来は食にかかっている。

 

水も、空気も、土壌も、宇宙からの贈り物なのに、自分たちの手で汚してしまって今や買わなければいけないってどういう事でしょう。

 

更に、これからは買う事すら出来なくなるかもしれません。

 

日本の食卓は、生きている事に感謝の意味を大事にしてきた表現「いただきます」の挨拶から始まります。

 

「ありがとう」の気持ちを忘れてしまう食卓では、日本の食卓とは言えません。

 

そして、日本人の精神を養ってきた伝統発酵の代表選手、お味噌。

 

ここから何かが見直されてきたら、そしてその広がりが日本の子供達の未来を明るくしたら。

 

どうですか?

全国の皆さんがエントリーできる味噌造りイベント。

3月29日、日本橋三越前での開催には全国大規模にエントリーを募集いたします。

来年はお味噌汁で日本の行方を変えて行ける年にしましょう。

 

Yagoo 公式映像トピックス 味噌造りダイジェスト版をご覧になって下さいね。

 

動画はこちら


1 コメント