日本の伝統食を受け継ぐ 知恵活小町

 

知恵活小町が生まれたわけ

それは、東日本大震災からのメッセージ

一人の人間として、何で応援できるのか?

被災した時、あなたは何を持ち出すだろうか。

生命線である、食について、

あなたはどう考えているのだろうか。

私たちは、何を食べると元気になるのか。

 

新しい命を授かることができない母体が多い時代になったのはなぜだろう。

母として、人として 今、どこかの方向に立ち向かうことが必要だけど、女性は戦わなくても、人を守れるもの だと、

そうありたい。

数々の災害を克服してきた日本、

そこから体得した生き抜き方を知恵として、力にしてきた。

 

 

いつでも、常備してある、

使い慣れている、力ある食材家庭食の備え、

これが非常時の備えであるということ。

「伝える」から「伝わる」教育へ

それが 知恵活小町

知恵活小町(日本の食卓女将)

step1

麹の力
味噌・醤油の力
酢・みりんの力
梅干しの力
だしの力 

 

step2

大豆・豆腐の力
蕎麦の力
酒粕の力
乾物・干物の力1 
乾物・干物の力2

step 1 43,000円
 step 2  43,000円

step 1

step 2

78,000円

単発参加(1コンテンツ) 8,900円

・全講座履修後「知恵活小町」認定。修了証を発行。
・「知恵活小町」認定後、自宅などを利用して知恵活小町塾の自主開催は可能ですが、協会に対して受講生への認定証発行の要請はできません。資格認定証を取得するには協会員・女将登録が必要です。


あなたも知恵活小町になりませんか 

  伝承されてきた、暮らしの知恵の力を受け継ぐ塾へようこそ!
  知恵活小町認定で、あらゆるコミュニティで日本の食や暮らしの

  知恵活講座を開催できます!