伝統美養塾のコンテンツ

日本を残す暮らしのために

当協会は、和食がユネスコに文化遺産登録された年の20131210日に発足。翌年201433日に設立受理。

和食を支える調味料をはじめ、伝統製法の意味を知り、未来を育む知恵の継承と家庭教養から始まる「本当の食卓力」推進を掲げ、「身近な人からの幸せ」を理念に啓蒙セミナー活動、及び実習研修・コンテンツ製作を行う団体です。

日本各地の女性の特性を活かした活動隊であり、その使命は「永続のための継続」としています。

 

10000人簡単味噌作りプロジェクト

2020年9月達成いたしました。

 

達成カンファレンスの様子はイラストをクリック。

 

 

 

各地プレ講座開催のお知らせ

【キレイな日本人プロジェクトは作品名】

女神たちの本質的想い(ピース)を集めたアート

 「美しさ」には、普遍的妥当性がある。

「美」は必ずしも目的がはっきりされていない場合であっても誰もが「美しい」と感じられる物がある。

 人が「美しい」と感じる時、それは何かしらの合理的もくてきにも叶っている。

 と、確か、カントの言葉にもあるように、

私達のやっている事は、「美しい」かどうか。

 で、目的に合っているかを確かめる事ができるはず。

 確固たる目的と、臆せず行動できる勇気と、それを維持する気力。

 永続のための継続とは、

「自分の為に」では無く、

「大切な人」の「次世代」の為。

 最後まで言動を一致させて「信じる力」で貫いていく事だと思っています。

 

#キレイな日本人プロジェクト

 「思い」があるから、

 「型」が活きる(生きる)

 「型」は思いを形にするためにある。

 「思い」があれば、

 「言葉」は「強く」なる。

 そして、人が最も早く成長する方法は、

 「人に教える事」

 まずは、知識よりも、ご自身の意見を育てる事だと思ってください。

 響けば人は自然に動き出します。

 「志」の共有は、「何をするか」より「なぜするか」、

でも、それより「なぜ、本気であなたがそう思っているのか」が大事なのです。

 そして、

 「なぜ、その人に伝えたいのか」

 欲しいのは、

 人の意見や言葉ではなく、

 「あなたの言葉」なのです。

 自信を持って、大切な人のために。

 私たちは、世界にたった一つの大切なチームを作りたいと思っています。

当協会は、日本を残す暮らしのために貢献する事業会員協力で運営しております。

詳細は以下よりご覧ください。

オンラインで「作ろう講座」いよいよ開始します。

 

まずは、作ることで知ってみよう。

日本の風土が長い時を経て積み重ね、つないで来た調味料や食材の底力。

 

それをしっかりと専業として繋いで老舗の仕事、そして意味。

日本がなぜ失ってはならないのか。

 

単なる空腹を満たすだけの食ではなく、日本民族の証である血液や細胞の隅々をめぐる生命のドラマまで。

 

オンラインで味噌を、みりんを、特別キットをご用意してお伝えいたします。詳しくは画像をクリックね。

 

 








次世代へ教養教育推進

全国プレ講座開催リーダー募集

日本の暮らし文化を伝える

全国の継承士リーダーの記録






本人らしい未来を永続させること。食と暮らしの知恵と力。その伝承のスタイルを使いやすく構築。・・・

私達は、日本の伝統食と「本当の食卓力」で命の大切さの情報を、 この活動を通じてお伝えして参り・・・

日本の気候風土の中で、先人が長い年月をかけ育んできた知恵や家庭教育のあり方が日本人の精神であり・・・




後援・協力

麴町ゼン・カフェマリーナ