伝統美養塾


食と暮らしの知恵と力を日本の教養教育として

次世代への再教育コンテンツを提案。

日本を変える女性の仕事作りから生まれる優れた情報発信。

伝統美養塾は日本の暮らし和文化を永続させるための継続事業です。

 

 

 

 

 

 

食と暮らしの知恵を引き継ぐ次世代再教育------伝統美養塾

 

東北の震災が教えてくれたこと 

           それは、日本という国の価値

 

 

 

  

一人の人間として何もできないことを思い知らされた時、

日本人の心の豊かさと命への感謝について考えさせられました。

 

災害も大自然の恵みの一つだとすれば、

今こうして生かされている私たちは何を感じとらねばならないのか。

 

食卓力こそ、日本の力。

 

進化も退化も、食べ物が作ると言っても過言ではない。

調理することを知った人間は、他の動物とは違う食をどんどん開発し、

その結果、自分たちの都合でものを作り、食べ、無駄に命を奪い、とんでもない病のはびこる時代を作っている。

 

どんな状況が起ころうとも、自然に対応できる心構えができるように、想像力と決断力を養い、日常生活の豊かな知恵を子供達に授けていかねばなりません。

 

日常食のあり方こそが、日本の災害時にも役立つ知恵と力、すなわち防災の力にもなるのです。

 

 

 

 

 2013年12月4日。和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたことにより、世界中で和食ブームが起こっています。ところが、和食の母国である日本では和食離れが進み、忘れ去られてしまう日はそう遠くないほどに感じられる昨今です。

 私達日本人の食卓文化は、日本の美しい精神文化を育んできました。

 この講座は、日本の伝統食文化から学ぶ魔法の力を和食家庭料理で再現体験し、教養知識として、次世代へつなげるものです。日本の食卓力を守る、次世代再教育思想を持つ全ての方に受講いただくことができます。

 

 

 

 

食養講座(初伝 日本の食卓力・中伝 日本の薬養知識)-------------現在開講中

常養講座(和生活の知恵・和マナーの考え方・日本の防災)---------現在準備中

食卓和文化継承士の育成

日本の暮らしの道標をつなぐ食卓教育 

初伝 食養編  命をつなぐ食べ物の知恵と力を学びます

 

 

例えば、

①和食って何?   四季折々の食文化、発酵、出汁、風土の力、暮らしの知恵を紐解きます。

 

②知っているようで知らない日本の伝統調味料の知恵と力について学びます。

 

③和食材の使い方のバリエーションを増やし、食卓力を底上げします。

 

④伝統食こそ保存食、災害時の非常食としても活用できる家庭食の備えについて学びます。

 

各回共通の講座の内容

日本の伝統調味料と食の伝承すべきテーマ

 ※歴史と伝統製法を知る

 ※各回テーマごとのレシピ

 ※試食

 ※季節の知恵袋

 ※知恵交換

 


Step 1  萌黄   Step 2  茜
         
第1回   糀の力   第7回  梅干しの力
第2回  味噌の力   第8回  酒粕の力
第3回  醤油の力   第9回 

蕎麦の力

第4回  酢の力   第10回  大豆の力
第5回  みりんの力   第11回  乾物・干物の力
第6回 だしの力   第12回 総合・修了式
         

受講料

Step 1 (第1回、2回、3回、4回、5回、6回)  77,000円(税込)

Step 2 (第7回、8回、9回、10回、11回、12回)

 77,000円(税込)
Step 1 , Step 2   一括払い  148,000円(税込)
単発受講 (1講座)

  12,500円

   

・ 講座は実習授業形式で進行します。

・ 材料費 各回500円前後(受講日当日集金)

全講座終了者(Step1,2)には食卓和文化継承士の認定証を発行。

  中伝進級後、適正検査に合格すると食養・食生活アドバイザー資格が認定されます。

・ 講座は継続して開講されますので、途中入塾可能です。

・ 途中欠席された場合でも振替講座をご利用できます。

・ 表示の料金は消費税を含みます。

・ 途中参加が不可能になられた場合の返金には応じられませんのでご了承ください。

   振替講座、代理人受講は受け付けています。