· 

端午のお節句 柏餅

柏餅は、江戸時代に武家を中心に、男子の健やかな成長を祈る端午の節句に作られるようになりました。

 

柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから、子孫繁栄につながるといわれたからです。

『南総里見八犬伝』の作者として知られる滝沢馬琴の日記には、端午の節句に家族総出で柏餅を200個も300個も作ったということが記されています。

柏餅に入っている餡(あん)といえば、小豆餡と味噌餡が知られています。
江戸時代後期に庶民の風俗をまとめた『守貞謾稿(もりさだまんこう)』によると、江戸では中身を区別するため、小豆餡は葉の表、味噌餡は裏で包むとあります。

柏餅には柏の葉を使わないものがあるのをご存知でしょうか?
大きな柏の葉が収穫できない西日本では山帰来(さんきらい)の葉で作られたので「さんきらい餅」などと呼ばれていました。
また、中部地方の一部では朴(ほお)の葉を使ったので「朴葉巻」や「朴葉餅」と呼ばれました。

年中行事に関わるお菓子の多くに、米や小豆が使われています。
米は、稲作の象徴として神聖視され、餅にして食べると霊力を体に取り込めると考えられてきました。小豆は滋養食として食べると、体力をつけ、邪気を払い災いを避けることができると信じられ、小豆の色は太陽の色や人の体をめぐる血潮の象徴といわれてきました。

端午につきものの柏餅ですが主に関東で親しまれて、関西では粽(ちまき)が主に食されています。(72)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日のおやつは柏餅だミソ~!みそ餡もあるミソ!!     by ドミソちゃん